ブログ

ブログ - 2014年9月

腰部脊柱管狭窄症

<腰部柱管狭窄症とは?>腰部の脊柱管の横断面積が狭くなり、馬尾神経、あるいは神経根圧迫の症状をきたす疾患の総症であり、馬尾型、混合型、神経根型に分かれます。40歳以上の男性に多発します。狭窄は多くの場合、先天性に…

腰部椎間板ヘルニア

◎腰部椎間板ヘルニアとは?椎間板は髄核と線維輪により構成され、上下2つの椎体間を連結しています。椎間板ヘルニアとはこの椎間板が加齢による変性のために、椎間板後方部分の繊維輪に亀裂が生じ、内部の髄核が亀裂を通って膨隆・脱出して…

ばね指(弾発指)

◎ばね指とは?屈筋腱と靭帯性腱鞘の間で炎症がおこると、指の付け根に痛み、腫れ、熱感が生じます。これを腱鞘炎と呼び、進行すると、バネ現象が生じます。これがばね指です。※バネ現象…指を曲げた後、指が伸びなくなって曲がったままにな…

ド・ケルバン病(狭窄性腱鞘炎)

◎症状手関節母指側に腫れて痛みが生じます。手首の母指側にある腱鞘の部分で炎症をおこして腱の動きがスムーズでなくなります。◎原因妊娠後、産後や更年期の女性に起こることが多く、スポーツマンや指をよく使う仕事の人にも見られます…

TFCC(三角線維軟骨複合体損傷)

◎TFCC(三角線維軟骨複合体損傷)とは?三角線維軟骨、手関節尺側側副靭帯および拳側と背側の橈尺靭帯などを含む手関節の尺側支持機構は三角線維軟骨複合体とよばれます。三角線維軟骨複合体には、手根根骨と尺骨の間にかかる負荷を均等…

胸郭出口症候群

◎胸郭出口症候群とは?胸郭出口とは、第1肋骨、鎖骨、前斜角筋、中斜角筋などによって構成される胸郭の上端から頚の下部の構造のことです。この部分を通る鎖骨下動脈や、静脈、それに腕神経叢の神経が肋骨、鎖骨、前・中斜角筋、などによ…