ブログ

ブログ

坐骨神経痛

◎坐骨神経痛とは? お尻から足の後ろにかけて、あらわれる痛みや痺れ、麻痺などの症状のことを 『坐骨神経痛』といいます。 坐骨神経痛とは病名ではなく、症状を表す言葉です。 何らかの原因によって、坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けること…

発育性股関節形成不全(DDH)

◎概念 出生前および出生後(出生時)に大腿骨頭が関節包の中で脱臼している状態を 以前は先天性股関節脱臼あるいは先天股脱と称されていましたが、 奇形性脱臼以外は周産期および出生後の発育過程で脱臼が生じる事が分かってきたため、 現在で…

大腿骨頭壊死症

◎症状 ・股関節は脚の付け根にある体重を支える大切な関節です。 その股関節の中の大腿骨の頭の部分を大腿骨頭と呼びます。 この骨が死んでしまう病気を大腿骨頭壊死といいます。 ・股関節痛で発症することが多いです。階段を踏み外した時や、…

変形性股関節症

◎症状 主な症状は歩行時のつけ根の痛みです。 症状が進むと変形が生じ、股関節の動きを制限され、 靴下履きや和式トイレが困難になります。 (初期) 立ち上がり、歩き始めに脚の付け根の痛みが生じ、歩いていくと軽快していきます。 (進行…

膝離断性骨軟骨炎(OCD)

◎膝離断性骨軟骨炎とは? ・関節軟骨直下の骨組織が何らかの原因で母床より離断し、壊死組織になったものです。 離断した骨軟骨下組織を被う関節軟骨は、表面上ほとんど変化がなく連続性が保たれている 場合もありますが、症状がある多くの症例…

有痛性分裂膝蓋骨(二分膝蓋骨)

   ゆうつうせいぶんれつしつがいこつ ◎有痛性分裂膝蓋骨とは? 膝蓋骨は通常1個の骨化核から生じますが、時に2個以上の骨化核があり、 癒合妨げられると、X線像で2個または数個に分裂した膝蓋骨を認める場合がある(二分膝蓋骨) 多く…

鵞足炎(鵞足滑液包炎)

◎鵞足炎とは? 頚骨の内側についている筋肉で、薄筋、半腱様筋、縫工筋をまとめて ガチョウの足の形に見えるため、呼ばれています。 この鵞足が頚骨近位に付着する部分に、鵞足滑液包が存在します。 この鵞足滑液包に炎症が起きた状態のことを…