ブログ

ブログ

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

◎ランナー膝とは?ランナー膝はランニングによる使いすぎによって生じる慢性膝関節痛に対する総称的病名(症候群)のことを言います。臨床においては、頚骨プラトーの疲労骨折、腸脛靭帯炎、鵞側滑液包炎、変形性膝関節症などの診断を受けま…

前十字靭帯損傷(ACL)

◎発症・サッカーやラグビーなどのコンタクトスポーツにおいて相手チームの選手にタックルをされて膝をひねったり、バレーボールのジャンプの着地やバスケの急な方向転換などで膝に過度の負担がかかった時に生じます。スキーなどでも多いです…

内側側副靭帯損傷

◎内側側副靭帯損傷とは?MCL損傷は膝の靭帯損傷のなかでは最も頻度が高く、膝に大きな外反力が加わって発症します。ラグビーなどの互いに、衝突し合うスポーツやスキーなどで受傷することが多いです。損傷部位はMCLの大腿骨起始部付近…

半月板損傷

◎半月板の機能・膝関節の荷重(接触)面積の増加・衝撃吸収・安定性の関与・関節潤滑◎半月板損傷とは?・体重が負荷した状態で屈曲した膝関節に異常な回旋力が加わると、半月の一部が脛骨と大腿骨の間に狭まり損傷を受けます。運…

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)

◎原因・症状スポーツなどによる膝伸展機構の使い過ぎで、膝蓋腱や大腿四頭筋腱が膝蓋骨付着部で微小断裂を生じ、その修復機転として、瘢痕や石炭化をきたす疾患です。もともとバレーボールやバスケットボールの選手によく見られたことから…

オスグット

◎症状脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛みが出る時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みがなくなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。…

滑膜ひだ障害(タナ障害)

◎滑膜ひだ障害(タナ障害)とは?膝関節には、隔壁の遺残である滑膜ひだが4ヵ所依存します。膝蓋上嚢と膝関節とを分ける隔壁である膝蓋滑膜ひだ、大腿脛骨関節を内外に分ける隔壁である膝蓋下滑膜ひだ、膝蓋上嚢の内側壁から膝蓋骨内側縁近…

変形性膝関節症

◎変形性膝関節症とは?膝の軟骨がすり減り、関節の変形が生じて起こる病気です。老化や、肥満以外に、原疾患が明らかではない一次性変形性膝関節症と、外傷歴や何らかの先天性あるいは後天性の膝関節疾患に続発する二次性変形性膝関節症があ…

脊椎分離症・脊椎すべり症

◎脊椎分離症・脊椎すべり症とは?脊椎分離症とは、脊柱骨に上関突起と下関節突起の間をつなぐ椎弓の峡部という狭い部分において骨性の連続を欠く状態を生じたもので、第腰椎に好発します。一方、脊椎すべり症とは、上位椎体が下位椎体に対し…

腰部脊柱管狭窄症

<腰部柱管狭窄症とは?>腰部の脊柱管の横断面積が狭くなり、馬尾神経、あるいは神経根圧迫の症状をきたす疾患の総症であり、馬尾型、混合型、神経根型に分かれます。40歳以上の男性に多発します。狭窄は多くの場合、先天性に…